二人が好きという気持ちというものをこれっぽっちも持つことがない状態でなければ整わないものが違う性別の人との友情かもしれません。突然のきっかけからどちらかは特別な感情を秘めていることがあるのが異性の関係でしょう。好きになりうる人ということを意識をせず’友’という関わりを保持し続ける関係性でいられるだろうかというのはいつも題目になります。男と女同士の関係でいる以上、交友関係とはあるものの自分を律する力を重要となるます。そして親しい仲の人という存在が無くてはならないならばその親しい仲の人のことを考慮して、多数の複数の友達で連れ立ってに集合することや己の内部で決まりというものを決定してみることによって、ムダなトラブルを回避できそうです。

※25歳 童貞 卒業

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です